企業情報
IR情報
採用情報
リンク
ホーム
株主の皆様へ
株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
2016年3月期第2四半期の事業の概況をご報告させていただきますので、ご高配賜りますよう、お願い申し上げます。

1. 連結経営成績に関する定性的情報
 
代表取締役社長 中村 悟 当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府の景気対策の効果等もあり企業収益や雇用環境の改善傾向が続き、緩やかな景気回復基調が見られた一方で、円安の定着による物価の上昇や中国経済をはじめとした海外景気の減速等、景気を下押しするリスクも見られ、先行き不透明な状況が続いております。
 食品業界におきましては、依然として消費者の低価格志向が継続する中、輸入原材料の価格が高い水準にあり、引き続き厳しい状況が続きました。
 このような環境下、当社グループは業務用香辛料(スパイス)等の製造・販売を中心とした企業活動を展開し、国内及び海外市場において売上拡大と収益改善に取り組んでまいりました。
 売上高に関しましては、国内の外食営業部門においては消費税増税後の販売数量の落ち込みが持ち直したこと、前期に実施した製品価格の値上げ効果、さらには得意先との取組みの強化等により好調に推移し、広域営業部門(前期加工及び広域営業部門等)においては新規取組みの採用等により、順調に販売が推移したことから、全体では前年同期を上回りました。海外においては、継続的に売上拡大を実現しました。これらの結果として、当第2四半期連結累計期間の売上高は前年同期より上回りました。
 利益に関しましては、収益確保に向けて継続して工場固定費・販売管理費の削減に全社を挙げて取り組むとともに、製品価格の値上げを実施してまいりましたが、主力製品であるコショウの原料相場が高止まりであること、円安の定着等による原材料価格の上昇を補うには至らず、営業損失を計上いたしました。しかし、損失額は前年同期を下回りました。また、海外子会社の現地通貨であるマレーシアリンギットの通貨安により、為替差損と法人税等調整額に影響があったことから、経常損失及び親会社株主に帰属する四半期純損失は営業損失より損失額が拡大いたしましたが、前年同期より大幅に改善いたしました。
 以上の結果、当第2四半期連結累計期間の業績といたしましては、売上高4,658百万円(前年同期比12.3%増)、営業損失3百万円(前年同期74百万円の損失)、経常損失17百万円(前年同期53百万円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失36百万円(前年同期85百万円の損失)となりました。



2. 連結業績予想に関する定性的情報

 通期の見通しにつきましては、金融緩和による円安、株高基調が継続する中、全般的に景気回復が予測されますが、当社グループを取り巻く外部環境はなお厳しく、主力製品であるコショウの原料相場が高値圏で推移し、また、円安による原材料価格の上昇や物価上昇に伴う家計の負担増により個人消費の回復遅れなどの懸念材料もあり、引き続き予断を許さない状況であります。
 このような経営環境の中、当社グループは「売上・利益最大、経費最小」、「活動の重点化」、「必要な事業基盤の強化」という事業戦略を掲げて実行しております。
 通期の連結売上高は、9,250百万円(前年同期比8.1%増)、同営業利益10百万円(前年同期75百万円の損失)、同経常利益35百万円(前年同期19百万円の損失)、同親会社株主に帰属する当期純利益5百万円(前年同期48百万円の損失)を見込んでおります。